先輩×後輩クロストーク

ベテラン×若手社員によるクロストーク。
役職も年齢も異なる2人が、 対談形式でKECの事について熱く語りあいます。

製造部

岡田部長(27年目)× 佐々木(3年目)

岡田:いつもお仕事お疲れ様です。

佐々木:お疲れ様です。

岡田:今回は採用サイト「先輩×後輩クロストーク」という事で、会社の魅力や日頃思っていることなどをベテランと若手の対談形式でざっくばらんに語り、 これからKECへの入社を目指す学生さんのサポートになればとの事ですので、いつもの仕事と同様に責任重大です。

岡田:お仕事では、よく相談させてもらっているので、こういう形で対談となると緊張しますね。改めてよろしくお願いいたします。

職場の雰囲気や仕事内容は

岡田:早いもので、佐々木さんは入社してもう3年になるんだね。この3年を振り返ってみてどうですか?仕事内容や職場環境など。

佐々木:新人の頃は不安でいっぱいでしたが、先輩や上司の方が優しく指導してくださるので、本当に居心地が良いです。 最近徐々にですが、様々な案件を担当させてもらえるようになり、覚えることは多いですが、その分理解してくると自然と仕事が楽しくなってきます。
仕事終わりや休日も先輩や同期と交流することがあるので、職場の雰囲気も凄くフレンドリーですね。

岡田:確かにみんな仲が良いよね。同じフロアに全ての部署の人がいるから、壁が無いのも良いのかも。

職場の雰囲気や仕事内容は

佐々木:岡田部長は今年で27年になるんですね。ベテランの方からみてKECの魅力ってどんな所ですか?

岡田:入社直後の20代前半から、普通に暮らしていては扱えることのできない大きな仕事を任せてもらえる所かな。 言い方は悪いかもしれませんが、何億もする大きな“おもちゃ・プラモデル”を扱っている感じです。現地作業が終わった際、お客様からもねぎらいの言葉をかけていただける特別な仕事だと思います。逆に若い人達からみてKECの魅力ってどんな所に感じるのかな?

佐々木:若い頃から様々なプロジェクトに参加でき、沢山のアイデアを発見できるようになる所です。 自然と発想力や判断力は磨かれていると思います。仕事を通じて工業の基礎である溶接・研磨・加工など様々な作業のスキルアップが出来るのも魅力ですね。海外出張も多いので、日本にはない異国文化に触れながら仕事ができるところも楽しいです。
職場環境は先ほど岡田部長も言われたように、ワンフロアに全てのスタッフがいる所、部門部署関係なく気軽に話しかけられる雰囲気がとても好きです。あと、休暇や給与などの福利厚生面がしっかりしているのも嬉しいです。

岡田:佐々木さんのお話しを聞いていると、凄く順風満帆な3年という感じですね。良い所しか出てこない!例えば、仕事で悩んだ時や行き詰まった時とかはどうしてるの?

佐々木:今のところ、上司や先輩方に相談したりアドバイスをもらったりしています。岡田部長は仕事の失敗談や困ったことってあるのですか?

岡田:当然ありますよ、私にも新人の頃はありましたので。現場仕事では大小問わず問題や失敗は常に発生しますが、KEC本社や協力会社の方々に協力していただき問題を解決してきました。本当に沢山の人に感謝です。
仕事にも随分慣れてきて、そろそろやりたい事とか目標とか出てきたんじゃないの。将来の目標とか?

佐々木:やはり、プロジェクトの担当者としてお客様から指名されるようになりたいです。そのためには、お客様にもっとこうした良いのではとか色んな改善案を提案できるようにならないといけませんが。あと、予算のことも踏まえ、どうしたらもっと利益が出せるかを考えられる人になりたいです。そして、いずれは海外を中心に世界で活躍できる人材になりたいですね。皆さん期待していてください。

学生の皆さんへメッセージ

佐々木:岡田部長は、私を含めて若い社員やこれから入ってくる学生の人にどんなことを期待していますか?

岡田:みんな日々の仕事や生活の中で大変な事も沢山あると思います。その中から色々と学び、問題にぶつかった時も、色々な方向・角度から解決策を提案できるスキルを磨いていってもらいたいです。年齢的に近い立場として、佐々木さんからも後輩や学生の人に伝えたいことはある?

佐々木:どんな仕事においても共通するかと思いますが、難しい案件でも仕事を覚えると楽しいということを感じてほしいです。そして、お客様にどう対応すれば喜んでいただけるか、またそれが実現できたときの嬉しさを早く感じてほしいですね。協力メーカーさんと協力してラインを立ち上げた時のやりがいと充実感は半端ないです。
あと、様々な講習や研修、海外出張等を通じて人間的にも成長できると思います。自分も一歩一歩確実に成長できるよう頑張っています。

岡田:確かにKECの仕事は面白いしやりがいも感じられると思います。日本を代表する自動車産業で働く楽しさを早く感じてもらいたいですね。皆さんの若いチカラに期待していますよ。じゃあ、そろそろ仕事に戻りましょうか。今日はありがとうございました。

佐々木:ありがとうございました。