先輩×後輩クロストーク

ベテラン× 若手社員によるクロストーク。
役職も年齢も異なる2人が、対談形式でKEC の事について熱く語りあいます。

技術部

糸魚川執行役員(20 年目)× 高木(2 年目)

糸魚川:いつもお仕事お疲れ様です。

高木:お疲れ様です。

糸魚川:「先輩× 後輩クロストーク」という事で今回、技術部を代表して私と高木さんが選ばれました。

高木:技術部代表で選ばれているので、少し緊張しています。

糸魚川:私はこういう機会がないと、中々皆さんとお話しができないので凄く嬉しいですよ。今日はよろしくお願いいたします。

職場の雰囲気は

糸魚川:高木さんは入社して1 年目が終わったけれど、この1 年を振り返ってみてどうでしたか?

高木:入社当初は、やらないといけないことが多く、またやり方が分からない点も多く戸惑いましたが、先輩方が丁寧に教えて下さったおかげですぐ覚えることが出来ました。また入社すぐに担当を持ち、お客様とやり取りしたり、協力会社に指示したりする際も、上司の方が丁寧に教えて下さり、スムーズにこなしていくことができました。

糸魚川:先輩や上司が優しくて面倒見が良いのは、KEC の伝統かもしれませんね。私も新人の頃は、周りの人に助けてもらってばかりでしたから。

高木:糸魚川執行役員にも、仕事の失敗とかあるんですね?

糸魚川:困ったことや失敗したこと数知れません。ですが、失敗を重ねながらも日々のコミュニケーションを大切することで、全ての人と助け合える関係を築く大切さを学びました。

KEC の魅力とは

糸魚川:この1 年で感じた、KEC の魅力ってどんな所?

高木:やはり、海外出張が頻繁にあるところですね。技術部の仕事は基本的に工場内での作業ですから、海外出張があると楽しみができます。プライベートではいかない国に行ったりもできるので、少し得した気分になります。あとは人です。部署が違うとコミュニケーションが少ないかと思っていましたが、部署関係なく凄く仲がいいと思います。上司先輩に気兼ねなく相談できたり、飲みに誘ってもらったりもします。

糸魚川:社長を初め、みんな同じフロアにいるから、自然と風通しの良い職場になるんじゃないかな。

高木:糸魚川執行役員は今年で20 年になりますね。テクノプラザへ引っ越してくる前のKEC もご存知かと思いますが、KEC の魅力ってどんな所だと感じていますか?

糸魚川:一番は「ものづくり」の醍醐味、達成感を味わうことができるところかな。設計している横に工場であるので、出来上がったものや製造途中のものを、「すぐ」に「間近」で観ることが出来る。そして良し悪しが一目でわかり、スキルアップにもつながる。技術者にとってはこの上ない環境だと思います。2 年目に入って担当案件も増えてきて、自分なりに目標とか持てる余裕も出てきたんじゃないの。やりたい事とか将来の夢とか。

高木:今の直属の上司の様に現場から設計まで、すべてのことが分かる様になりたいです。その為に将来的には現場も経験したいと考えています。現在、技術部( 設計) に所属して、設計会社に指示をしたり、仕様や工事内容等をお客様と打合せますが、現場経験が無い為、画面上での会話しかできません。設計をやっていく上でも現場経験が有るのと無いのでは、話す内容や説得力が格段に違うと思いますので、現場も経験して技術部に戻ってきたい、というのが将来の目標ですね。早く現場に出られるように設計スキルを磨いて行きたいです。

学生の皆さんへメッセージ

高木:糸魚川執行役員は、私を含めて若い社員やこれから入ってくる学生の人にどんなことを期待していますか?

糸魚川:常に新しいことにアンテナを張り、世の中の最先端を行く「情報収集」「学び」を行ってほしいです。世の中の技術は、日々進歩しています。今、自分が携わっている目の前の技術だけにとらわれず、常に「知識欲」を持ち、積極的に新技術を獲得していくことを期待しています。「楽しく」仕事ができるようになるために、何をすべきか?を考え、多くの人とコミュニケーションを取り、その答えを導き出して欲しいですね。

高木:ありがとうございます。今の言葉を聞いて、自分もさらにヤル気が湧いてきました。

             

糸魚川:高木さんもこれからは後輩ができるけれども、年齢的に一番近い先輩として、学生の人に期待することや伝えたいことはある?

高木:まずはやる気です。正直、仕事内容は簡単ではありませんし、技術部はやらないといけないことが一番多いと感じています。最初は先輩のサポート業務からだと思いますが、すぐに担当者として仕事をしないといけません。なので、仕事を覚えるスピードも効率よく、かつスピーディにやっていかないといけません。あとはコミュニケーション能力です。目上のお客様との信頼関係を築いたり、設計会社の方とやり取りをしたりと、人と関わる毎日です。人とのつながり、信頼関係で成り立っている部分もありますので、コミュニケーション能力は必須だと思います。

糸魚川:確かにそうですね。私も先ほど言いましたが、全ての人と助け合える信頼関係を築けるのは“コミュニケーション” だと思います。皆さんのやる気と元気を待っていますよ。
今日は高木さんと対談できて本当に楽しかったです。ありがとうございました。

高木:ありがとうございました。